新情報

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 名無しさん名無しさん@腹打て腹。

    eスポーツ側は平均体型とする


    【eスポーツ選手VS軽量級ボクサー喧嘩勝負】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.tokyoheadline.com)



    1 砂漠のマスカレード ★

    12月21日、東京五輪のメインスタジアムとなる新国立競技場のオープニングイベントが開催されたのだが、実際に足を運んだ観客からは思わぬ意見が相次いでいる。
     
    「今年11月に完成していた新国立のお披露目式が、抽選で選ばれた約6万人の観客を招き行われました。
    イベントでは、ドリカムや嵐、ゆずら錚々たるメンバーがオープニングを記念したパフォーマンスを見せたのですが、
    SNS上ではそれよりも競技場の作りについて多くの意見が寄せられていました」(ネットウオッチャー)

    その指摘を一部紹介すると、《陸上競技を観るには良いかもしれないが、球技の観戦には不向き。日産スタジアムよりもピッチが遠く感じる》
    《新国立メチャクチャ寒かった。たぶん逆に夏場は暑くなりそうで、屋根に近い3階席はヤバいことになるかも》《男子トイレ入ったんだけど、大便器が2つしかなかった。
    オリンピック開催中は大渋滞になること必至》など、欠陥を指摘する意見が多く寄せられていたのである。
     
    なお、21日放送の「新・情報7daysニュースキャスター」(TBS系)ではオープニングイベントの模様が放送されたのだが、映像で新国立を観たビートたけしは、雨天でも観客が濡れないように屋根が張り出している形状について、
    「でも真夏にやるんだから、サウナに入ってるような感じだね」とし、安住紳一郎アナウンサーが「送風機がたくさんありまして、風の抜けも計算しているので…」とフォローする一幕もあった。
     
    「問題が多数指摘されている新国立ですが、一番の問題はピッチの見えづらさではないでしょうか。当初、五輪後は陸上トラックを撤去して球技専用に改修する予定が、
    一転して改修費用の問題からトラックを残す可能性が検討されています。五輪後の主な利用はコンサートの他はサッカーやラグビーなど球技が中心になると見られ、そうなるとこのピッチの見づらさは致命的なものになる。
    新国立は年間の維持費だけでも20億円以上かかると言われていますが、果たしてどれだけの利用率があるか…」(スポーツジャーナリスト)

    負の遺産となってしまわないことを願うばかりだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2129694/
    2019.12.24 18:00 Asagei Biz


    (出典 asagei.biz)


    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    (出典 imgur.com)


    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


    【「新国立競技場」オープニングイベント参加者が指摘する“欠陥”とは?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 kansensho.jp)



    1 しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★

    <飛沫感染から身を守る効果は低く、人にうつさない「エチケット」も無意味のよう>

    ようやく冬を越した南半球のオーストラリアでは今年、インフルエンザが猛威を振るい、約30万人が感染、662人が死亡した。これは、北半球の今冬を暗示しているかもしれない。

    イギリスは例年12月~3月が流行シーズン。予防手段として一般的なのはワクチン接種だが、研究によれば有効率はわずか15%ほどで、二段構えの対策が必要だ。

    インフルエンザは主に飛沫感染によって広がる。咳やくしゃみ、おしゃべりなどで口や鼻から飛沫が飛ぶが、その距離は最大約2メートルにも及ぶ。

    一見、マスクを着用すればウイルスの侵入を防げそうに思える。医療用マスクが最初に導入されたのは19世紀後半。外科手術の執刀者用だった。一般に出回るようになったのは、1918年からのスペイン風邪の大流行がきっかけだ。

    手術室で効果があるなら自分にも効果があるはず、というのがマスク着用の理屈だが、問題は、そもそもマスクが着用者を守ることを意図していなかったこと。執刀医の鼻や口の飛沫から、患者を守るためのものだったのだ。

    1世紀以上使われてきたにもかかわらず、手術室でのマスクの感染予防効果は疑わしい。最新の研究によれば、マスクは手術室の細菌汚染の元凶になりやすいという。マスクの内側にとどまるはずの細菌が、外側に付着していることも確認されている。

    ■CDCも着用を推奨せず

    エチケットとしてマスクを着ける人もいる。病原菌を広めないようにという、外科医と同じ利他的な理由だ。だが先ほどの研究が示すように、この効果も怪しい。そもそも、最も感染力の強いインフルエンザ発症から3~4日目には患者はベッドで苦しんでいるはずだから、マスクを着けて街を歩いてはいないだろう。

    マスクに効果があるとしたら、それは口や鼻を触れなくなることだ。インフルエンザは飛沫感染以外に、ウイルスが手に付着し、その手で顔を触ることで感染することも多い。人は無意識のうちに顔を触っており、ある研究ではその数は1時間に約23回だった。

    ただ、目に触って感染することもあるし、マスクを定期的に交換しながら24時間つけ続けるのも苦痛だ。推奨される着用時間を守れた人はわずか21%との研究もある。

    マスクの有効性でよく引き合いに出されるのが、米国医師会報に掲載された2009年の実験だ。普通のマスクと、0.3ミクロンの微粒子を95%以上防げる専門の「N95マスク」を比較したところ、通常のマスクにもN95と同程度の効果があった。だが言い換えれば、どちらにも大した効果はないということだ。実験に参加した446人の看護師のうち、マスク着用者の24%、N95着用者の23%がインフルエンザに感染した。

    基本的には、公共の場でのマスク着用を推奨するべき強力な根拠は存在しない。米疾病対策センター(CDC)も、「現段階では(何らかの合併症リスクの高い人も含み)何も症状が出ていない人がインフルエンザ予防のため外出先でマスクを着用することは推奨しない」としている。

    結局、インフルエンザ予防の最善策は手をよく洗い、顔を触らないことだ。


    (出典 www.newsweekjapan.jp)

    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/12/post-13582.php


    【インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 nexseed.net)



    1


    (出典 img.5ch.net)

    高校バスケ、能代工など2回戦へ2連覇目指す岐阜女は3回戦へ
    https://www.daily.co.jp/general/2019/12/24/0012986897.shtml


    【初対面で「スポーツなにやってた?」って言われるの最高にムカつくんだが】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 i.ytimg.com)



    1 1号 ★

    トイレにはアイランド手洗い!
    トイレの数はそこそこあるけど、ひとつあたりの便器が少なく(個室が2つ!)
    大が渋滞の予感!
    https://twitter.com/fumofumocolumn/status/1208166035611779072?s=21

    (出典 i.imgur.com)


    ★1が立った時間 2019/12/21(土) 13:06:14.23
    ※前スレ
    新国立競技場のトイレが凄い!アイランド型の手洗い配備 みんなで一緒におててが洗えるね(^ω^)
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1576901174/
    (deleted an unsolicited ad)


    【【驚愕】新国立競技場のトイレが凄いwww】の続きを読む

    このページのトップヘ