ゴルフ

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 rpr.c.yimg.jp)



    1 名無しさん@お腹いっぱい。

    カン・スーヨン


    【膝枕してほしい女子ゴルファー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.analyze2005.com)



    1 ごまカンパチ ★

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190820-03239136-clc_cns-cn
     中国・山西省(Shanxi)の太原美術館(Taiyuan Art Museum)で、600年以上前のスポーツを描いた古代の壁画が6日から展示されている。
    その中で、同省洪洞県(Hongdong)広勝寺(Guangshengsi)水神廟(びょう、Shuishenmiao)に現存する元時代の壁画
    「捶丸(Chui Wan、球具を使い小さな球を打つ競技)図画壁」で描かれた「捶丸」がゴルフによく似ていると評判だ。

    この展示の目的は、古代壁画の中のスポーツの絵を展示することにより、古代スポーツの多様性と悠久の歴史を知らしめることにあるという。
    「山西省の古代壁画の中に現れるスポーツの絵は、中国古代スポーツの真実の反映であり、古代スポーツの多様性を記録したものです」
    「これらの壁画を通して、中国の古代スポーツを知り、現代のスポーツに至るまでの歴史的な流れを理解してほしいです」
    と太原美術館の王鼎(Wang Ding)館長は語る。

     展示された「捶丸図画壁」は最も代表的なもので、古代の「捶丸」競技の場面を描いている。絵画に描かれた球技場や、用品、参加人数など、
    現代のゴルフによく似ている。
    北京五輪の開催期間中に、当時の国際オリンピック委員会(IOC)のフアン・アントニオ・サマランチ(Juan Antonio Samaranch)会長が中国に来て、
    「捶丸図画壁」を見て「中国人は元の時代からゴルフをやっていたのか」と驚いた話は有名だ。

     同様に、同廟に現存する元時代の壁画「対弈図」に描かれた古代棋具や棋盤は、現代の象棋(中国将棋)の「楚漢分界(Chu Han Fenjie)」によく似ており、
    駒も現代の囲碁に似ており、中国の棋類の発展の歴史を研究する上で貴重な資料だ。

    中国の古代では「蹴鞠(Cu Ju、足でボールを蹴る競技)」「馬球(Ma Qiu、馬に乗ってボールを追う競技)」や「捶丸」は一世を風靡(ふうび)した三大球技だった。
    「蹴鞠」の起源は春秋戦国時代までさかのぼり、盛んになったのは宋、元、明朝になってからだ。
    「馬球」は主として唐の時代に流行し、「捶丸」も「馬球」の後を継いで変化したものという。


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【古代スポーツ】600年前にゴルフ? 元時代の壁画を展示 中国・山西省】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ゴルフ雑誌「阪神ゴルフ」を神戸で創刊(のち「ゴルムドム」と改題)、1926年には『ゴルフ用語辞典』も出版し、ゴルフの普及に一役買った。 現在では世界に広まり、各国にプレイヤーが存在する。ゴルフ場も各国に建設され、2008年には35,112のゴルフ場が存在するまでになっている
    42キロバイト (5,231 語) - 2019年5月19日 (日) 14:52



    (出典 tabinaka.co.jp)


    ゴルフはほんと繊細なスポーツ

    パットだって簡単そうに見えて非常に難しい

    まっすぐ打つのも簡単ではない

    でも高齢になってもできるスポーツだし健康的には非常に良いよね



    Sports Spirits
    管理人:tk


    7 名無しさん@お腹いっぱい。 :2019/04/13(土) 01:20:04.74 ID:QVHMMMR90.net

    俺はパットが下手って思ってるうちは一生上手くならないって言われてるよね
    スイングは難しいって思ってると沼にはまると思う
    そういう人をたくさん見てきたよ


    【【特集】ゴルフ 一から始める人へのアドバイス】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    なぜ今年、ゴルフ場の倒産が激増しているのか?経営を脅かす「時限爆弾」の存在 | ビジネスジャーナル - Business Journal
    2018年はゴルフ場の倒産が多発する年になりそうだ。根強い人気を誇るゴルフだが、近年はプレイヤーの高齢化や若者のゴルフ離れのほか、ゴルフ場の経営が深刻な課題 ...
    (出典:Business Journal)


    JGA 日本ゴルフ協会 (Japan Golf Association) 日本棋院 (Japan Go Association) 日本観光通訳協会 (Japan Guide Association) 日本ガス協会 (The Japan Gas Association) 日本グッピー協会 (Japan
    615バイト (68 語) - 2013年3月27日 (水) 21:35



    (出典 golf72.net)


    ゴルフといえば

    ①朝が早い
    ②お金がかかる
    ③車がない etc

    いろんな理由でやらないよね

    でも一度はまると楽しくなり通ってしまうものゴルフ



    Sports Spirits
    管理人:tk


    1 名無しさん@お腹いっぱい。 :2018/04/12(木) 12:41:34.84 ID:uWG9SnC+r.net

    日本のゴルフ存続の危機 いま私たちにできること
    公益財団法人日本ゴルフ協会専務理事 山中博史

    今回はゴルフ界にとって大きな問題についてお話しします。
    少子化とともに、年々ゴルフ人口が減っていることは皆さんもご存じのことと
    思います。ある調査によると、2016年にゴルフコースで1回以上プレーした人は
    15年に比べて210万人も少ない550万人だったそうです。実に27.6%の減少。
    ゴルフ人口はピーク時の2分の1以下になった計算です。

    目を引くのは、ゴルフ人口の高齢化です。年代別の構成比は60代が23%、
    70代は30%。両方の年代を合わせた比率53%を上回るレジャーはゲートボール(63.5%)だけです。別の言い方をすると、ゴルフ人口の半数以上は60代以上
    だということです。
    そして25年には、ゴルファーの核をなす層である団塊の世代の人たちが75歳以上となってしまうことになります。

    さらに問題なのが「ゴルフをやった」という参加率です。
    わずか5.5%で、前年から2.0ポイント減っています。
    特に前年は2ケタだった50代男性(15.8%→8.5%)と40代男性(11.0%→8.3%)が減少しています。これに加えて少子化問題があり、各競技では若い世代の取り込みを懸命に模索しています。
    このままでは「日本のゴルフ存続の危機」といっても過言ではありません。

    日本ゴルフ協会(JGA)でもこうした事態を深刻に受け止めています。
    ゴルフという年齢・性別を問わず楽しめるゲームに親しんでもらうためには、
    どうしたらよいのかいろいろ知恵を絞っているところです。
    特に力を入れているのはどうやったら「若者がゴルフをやるようになるのか」
    「親が自分の子供にゴルフをさせようと思うのか」「ゴルフを始めた人が辞めずにプレーし続けるようになるのか」です。

    全文
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23916360W7A121C1000000/


    【【悲報】ゴルフ離れ深刻・・若者がゴルフをするようになるには!?】の続きを読む

    このページのトップヘ