ボクシング

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)



    1 Ψ

    裸の男達が互いに顔を殴り合うなんて、とても文明人のやることとは思えない。


    【なぜボクシングなる野蛮なスポーツが世間では称賛されるのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    モンスター・井上尚弥への〝批判〟が驚くほどに的外れな理由 - WEDGE Infinity
    同じメディアに生きる人間としても、さすがに頭の中が「?」でいっぱいになった。一部メディアが1日付でボクシングのWBA・IBF世界バンタム級王者・井上尚弥の快進撃を ...
    (出典:WEDGE Infinity)


    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年4月10日 - )は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。所属事務所はホリプロ。マネジメント・広告代理店は株式会社セカンドキャリア。弟は同じプロボクサーの井上拓真。 第36代日本ライトフライ級王者。第33代OPBF東洋太平洋ライト
    77キロバイト (10,657 語) - 2019年6月2日 (日) 10:43



    (出典 www.sanspo.com)


    強いからこそそれを良く思わない人間が出てくる。

    それはどの世界でも同じことだな

    まあ世間に強いと認められている証拠。

    日本人が色んなジャンルで活躍している姿をみると明日への活力となる!!

    Sports Spirits
    管理人:tk

    1 Egg ★ :2019/06/03(月) 10:53:55.73 ID:tSGZw8W39.net

    同じメディアに生きる人間としても、さすがに頭の中が「?」でいっぱいになった。一部メディアが1日付でボクシングのWBA・IBF世界バンタム級王者・井上尚弥の快進撃を皮肉る記事を掲載。「井上尚弥『強すぎて試合が面白くない』『キャラ立ちしてない』意外な弱点」と題して「ボクシングライター」と名乗る人物が日本の誇る王者を誹謗中傷まがいに、これでもかとばかりディスった。

    同記事の中で前出の人物が「強すぎて試合がすぐに終わってしまい面白くない。王者になっても弱い相手ばかり選んで防衛を重ねる輩がいますが、ボクシングを知らない人には尚弥もそう見てしまう」と論評。さらに「話がつまらない」とコメントにまで難クセをつけ、挙句の果てには地の文で「名前も地味」と断じていた。

    この記事は逆の意味で大きな波紋を呼び起こしている。ボクシングファンも含めたネットユーザー、そして当の本人からも猛烈な反発を食らったのだ。井上本人が同日付のツイッターで、この記事をシェアしながら「失礼な記事だな。。親が付けた名前に地味だなんて記事にする必要はありますか?」と怒りを投げかけていたが、ごもっともである。同記事の結びで「輪をかけて地味」とぶった斬られたWBC世界バンタム級暫定王者で実弟の井上拓真も「失礼極まりない」と兄に同調し、明らかにブチ切れモードだった。

    筆者を含めボクシングの取材をしているメディア関係者の間でも井上の快進撃は大きな興味の的であり、重要なキラーコンテンツだ。だからこそ、ここに至るまでパーフェクトの強さを見せ続けている〝モンスター〟の戦いぶりと振る舞いにイチャモンをつけるような話など聞いたこともない。

    「ボクシングを知らない人に試合時間が短すぎて試合が面白くないと思われては困る」といった余りにも曲がりすぎた見方をする声など論外である。無論、この記事に関しては多くのボクシング関係者も「井上はあれだけの功績を残して頑張っているのに余りにも酷い。


    【【ボクシング】井上尚弥への批判はなぜ起こるのか!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年4月10日 - )は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。広告代理店・マネジメントは株式会社セカンドキャリア。 第36代日本ライトフライ級王者。第33代OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者。元WBC世界ライトフライ級王者。元WBO
    83キロバイト (11,419 語) - 2019年5月16日 (木) 02:56



    (出典 spnavi.c.yimg.jp)




    日本のボクシングは次から次へと強物がでてくる

    テレビをつけるとくぎ付けになるのがボクシング

    ぜひ王者であり続けてほしいものだ!!



    Sports Spirits
    管理人:tk




    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2019/05/18(土) 17:18:47.22 ID:Xk57Hp1s9.net

    5/18(土) 15:03配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190518-00061175-theanswer-fight

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    なぜ、井上尚弥は海外でも支持されるのか 心を奪って離さない“3つの魅力”とは
    海外ファンも待っていた224日ぶりのリング

     この瞬間を待ち焦がれていたボクシングファンも多いだろう。モンスターがいよいよリングに帰還する。
    WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は英スコットランド・グラスゴーでIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)とのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝(日本時間19日早朝)に挑む。

     昨年10月7日、横浜アリーナでフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)をたったの70秒で沈めて以来、224日ぶりの試合。もっと井上の姿を見たい。日本のみならず、世界のボクシングファンは飢えていた。
    かつてここまで世界から評価された日本人ボクサーがいただろうか。権威ある米専門誌「リング」のパウンド・フォー・パウンドで日本人史上初の5傑入り。最新のランクでは7位だが、今回の内容次第ではさらに上位に食い込む可能性も秘めている。

     なぜ、井上は世界から注目されるのか。3つの理由から紐解いてみた。

     1つめは井上が“本物”だということ。
    ボクシングにおいて本物とは――。現在世界には主要4団体。17階級ある上に、スーパー王者、暫定王者、ダイヤモンド王者……。チャンピオンは1人じゃないの? 本当に強いのは一体誰なの? そんな疑問が渦巻いている。

     これだけ王座が乱立しているのだから、当然“強くない”チャンピオンも存在する。そんな王者からベルトを奪い、強くない相手に防衛する。今は最強でなくても、相手を選びさえすればチャンピオンと言える時代なのだ。

     一方で井上は、デビューわずか4戦目で田口良一を破り王座を獲得。田口は後にライトフライ級世界2団体でベルトを巻く“強い”王者だった。
    そして2014年にはフライ級の世界王座を16連続防衛、WBO世界スーパーフライ級王座を11連続防衛中のオマール・ナルバエス(アルゼンチン)に2回で4度ダウンを奪う衝撃のKO勝ち。プロアマ通じて1度もダウン経験のなかった強豪を沈め、世界を驚かせたのだ。

     8戦で2階級制覇を成し遂げたモンスター。しかしスーパーフライ(SF)級ではことごとく相手に逃げられた。SF級で強豪と言われた選手たちは、まさに井上を避けて他団体のベルトを獲得。6度防衛する中で、統一戦を願ったがついにはかなわなかった。まさに本物であることの証明だろう。

    ※ 全文は記事で


    【【特集】井上尚弥 ファンから支持される魅力とは】の続きを読む

    このページのトップヘ