このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.lmaga.jp)



    1 陽気な名無しさん

    ロバート キャンベル
    @rcampbelltokyo

    戸田さんに聞きます。「ただの同性愛の映画」って何ですか?
    「同性愛」を差し引いて始めて貴女が向き合っている観客が見るべき映画、ってこと?
    「ただの同性愛者」からの、切実な問いです。
    https://twitter.com/rcampbelltokyo/status/1167072017914351616


    戸田恵子、宮沢氷魚&藤原季節と3ショット「ただの同性愛の映画じゃありません!」
    https://news.ameba.jp/entry/20190828-634/

    女優で声優の戸田恵子が27日に自身のアメブロを更新。自身の出演する来年公開予定の映画『his』で主演を務める俳優の宮沢氷魚と藤原季節との3ショットを公開した。

    同映画は主人公の同性カップルが直面する差別や偏見、彼らがどう生きていくのかを描いた物語。映画『愛がなんだ』の今泉力哉監督の待望の最新作となっている。

    この日戸田は「来年一月公開予定の映画「his」の試写会に行きました!今、杏ちゃんとドラマで共演してる宮沢氷魚くんと藤原季節くんと仕事した作品です。
    私は弁護士役で。」と3ショットを公開、「コレ、ただの同性愛の映画じゃありません!染みます…。年明けをどうぞお楽しみに。」とつづった。
      
     
    (deleted an unsolicited ad)


    【ロバート・キャンベル氏が戸田恵子に噛みついたわ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 mag.onyourmark.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★

     公益財団法人笹川スポーツ財団は12月13日、アンケート結果に基づく「あなたが選ぶ! 2019年スポーツ重大ニュース&活躍したアスリート」を発表。2019年に活躍したアスリートや印象に残ったスポーツ界の重大ニュースを紹介しています。

     スポーツ分野専門のシンクタンクである同財団の調査結果によると、2019年に活躍したアスリートの第1位に輝いたのは、先日のグランプリファイナルの公式練習で挑戦したクワッドアクセル(4回転半)も注目を集めたフィギュアスケートの羽生結弦選手で、2年連続で首位に輝きました。

     また、チーム一丸となって躍進を遂げたラグビー日本代表は得票数2位のリーチ・マイケル選手を筆頭に、福岡堅樹選手や松島幸太朗選手(11位)など20位以内に6人(14位に稲垣啓太選手、15位に田村優選手、16位に姫野和樹選手)がランクインする結果となりました。これに続くのは、今季の賞金女王は逃すも、ゴルフ界に「しぶこフィーバー」をもたらした渋野日向子選手、NBAワシントン・ウィザーズで活躍する八村塁選手となっています。

    順位選手
    1位:羽生結弦(フィギュアスケート)
    2位:リーチ・マイケル(ラグビー)
    3位:渋野日向子(ゴルフ)
    4位:八村塁(バスケットボール)
    5位:桃田賢斗(バドミントン)
    6位:瀬戸大也(競泳)
    7位:大坂なおみ(テニス)
    8位:福岡堅樹(ラグビー)
    9位:紀平梨花(フィギュアスケート)
    9位:井上尚弥(ボクシング)
    ■2019年活躍したアスリート

     同調査では、2019年のスポーツ重大ニュースもまとめており、こちらの1位もフィギュアスケート。男子シングルでは羽生選手が優勝、女子シングルでは紀平梨花選手が2位で表彰台に上がったカナダでのグランプリシリーズ第2戦が選出されています。

     その他、ワールドカップ初のベスト8入りを果たしたラグビー日本代表、白血病で闘病している競泳女子・池江璃花子選手、全豪オープンで日本人として初優勝を果たした大坂なおみ選手、日米通算4367安打の記録を残し引退したイチロー選手と記憶と記録に残るニュースが続きました。

    順位出来事
    1位:【フィギュア】グランプリシリーズ カナダ大会で、男子は羽生が優勝。女子は紀平が2位に
    2位:【ラグビー】日本代表、ラグビーワールドカップ初のベスト8入りを達成
    3位:【水泳】競泳の池江璃花子、白血病を公表
    4位:【テニス】大坂なおみ、全豪オープンで初優勝
    5位:【野球】イチロー、日米通算4367安打の記録を残し引退
    ■2019年のスポーツ重大ニュース

     同調査は、11月28日から12月6日にかけて同財団Webサイト上で実施したアンケートに基づくもので、有効回答数は3493件となっています。


    12/13(金) 17:49配信 ねとらぼ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191213-00000086-it_nlab-ent


    【2019年最も活躍したアスリート「羽生結弦」「リーチ・マイケル」「渋野日向子」「八村塁」「桃田賢斗」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 journal.rikunabi.com)



    1 牛丼 ★

    映画監督の周防正行氏(63)が13日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)に生出演。*取締法違反の疑いで逮捕・起訴された女優・沢尻エリカ被告(33)の出演作品が軒並み配信中止、出演予定だった来年のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」も女優・川口春奈(24)で全面撮り直しになるなど現在の風潮に苦言を呈した。

     まず、「見る側というか僕らの問題だと思うんですね」と真剣な表情で語り出すと、「『それでもボクはやってない』って映画を撮った時に裁判を何本も傍聴したけど、過半数と言っても過言ではないくらい薬物事犯が多いんですよ。今までのやり方では薬物事件を撲滅できないっていうのは明らかなんですね。世界の潮流ですけど、あれを犯罪として摘発するのではなくて、そういうクスリに頼らなければいけなかった人たちのためにどういうことができるのか? そっちを工夫しないと、逆になくならない事件だろうと」と、まず問題提起した周防監督。

     その上で「(薬物犯罪は)被害者のいない事件と言われている。使った本人が一番の被害を受ける。お金を賭けている暴力団とかがあるなら、そちらの方の犯罪。もっともっと重く考えるべきだと思います」と続けた。

     最後に「作品にそういうもの(犯罪)に関わった人が出ていて、オンエアできないとか公開できないとかの状況の方がおかしいというか。何のためにそんなことをするのか。高校野球じゃあるまいし、全体責任ってやめませんかっていう感じもするので。こんなことでせっかくの作品がお蔵入りするなら、キャスティング段階で身元調査とか全部の調査しなければいけなくなる。制作者側としては受け入れる社会の方がもう少し変えて欲しいと思います」と、一映画監督として真剣そのものの表情で話していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191213-12130136-sph-ent

    ※前スレ
    周防正行氏、沢尻エリカ被告らの作品自粛の状況に疑問「高校野球じゃあるまいし、全体責任ってやめませんか」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1576231047/


    【周防正行氏、沢尻エリカ被告らの作品自粛の状況に疑問「高校野球じゃあるまいし、全体責任ってやめませんか」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    1 お前名無しだろ

    どっちかっつーとアニメ、ゲーム、漫画だよな?


    【プロレスに興味ある奴ってそもそもスポーツ興味ないよな?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 pbs.twimg.com)



    1 朝一から閉店までφ ★

    編集部
    ・プロ野球・小田幸平・野球
    2019.12.13

    「小田幸平」公式サイトより

    (出典 otapol.com)


     元プロ野球選手・小田幸平が、YouTube上に公式チャンネルを開設。YouTuberとしての活動を始動させたのだが、野球ファンからはチャンネル名にツッコミが続出している。

     現役時代の小田は、読売ジャイアンツや中日ドラゴンズなどで捕手として活躍。引退後は野球評論家になり、トークショーやテレビ番組などに出演している。ファンからは“ODA”という愛称で親しまれている他、つるつるの頭もトレードマーク。「サントリー ドリームマッチ 2018」では佐野慈紀や和田一浩らと共に、“ハゲ3人衆”として乱闘を演じて会場を盛り上げていた。

     そんな小田が今回YouTubeで開設したのが、「はげch.~小田幸平公式チャンネル~」。このチャンネル名をつけた理由として、小田は「ぼくがハゲてるからです。ただそれだけです」と語っている。直球ストレート過ぎるネーミングに、ネット上では「いやハゲチャンネルって(笑)」「本当にこれでいいのか?」「チャンネル名見ただけでODAってわかる」との声が。若干“出オチ”気味だが、渾身の自虐ネタでしっかりファンを笑わせたようだ。

     また「井端さんとかとコラボしてほしい!」といった声も。最近は何故か元プロ野球選手が続々とYouTuberになっており、「侍ジャパン」の内野守備走塁コーチを務めた井端弘和もチャンネルを開設。一般的なYouTuberのような“コラボ動画”にも注目が集まっている。

     12月12日現在でチャンネル登録者数は約4100くらいだが、“光る”トークで人気を集めてもらいたい。

    https://otapol.com/2019/12/post-87731.html


    【【朗報】 元プロ野球選手・小田幸平がYouTuber入り!】の続きを読む

    このページのトップヘ