ラグビー

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 wataruvt.com)



    1 ラッコ ★

    どう変わる!ラグビーW杯開幕で見えたメディア環境

     日本代表がロシア代表に30-10で快勝した、ラグビーW杯の開幕戦の日本テレビの視聴率が、18・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。瞬間最高視聴率は25・5%だった。

     今から30年近く前、90年代前半までは、芸能記者は冬が近づくと大学ラグビーの早慶戦のチケットを担当記者に頼んで確保するのが仕事だった。
    バブルの時代はラグビーが大人気で、いろいろな人から頼まれた。93年のサッカーJリーグ開幕より前の話だ。

     4年前のW杯で、優勝2回を誇る南アフリカを破って、大きな話題を呼んだラグビー日本代表。今回はアジアで初のラグビーW杯開催とあって期待半分、怖さ半分で見ていたが、日本代表の快勝に数字もはね上がった。

     9年前にスポーツ部で1年だけラグビーを担当した。今回3トライを挙げたWTB松島幸太朗(26)は、高校ラグビーの花園、全国大会で東福岡と両校優勝した時の神奈川代表の桐蔭学園のエースだった。

     日本代表のリーチ・マイケル主将(30)は当時、東海大ラグビー部のマイケル・リーチ主将だった。SOの田村優(30)は明大4年。
    恩師の吉岡肇・国学院栃木監督には、23年前日刊スポーツに北関東版があった時代に赴任先の栃木でお世話になった。縁ある選手の活躍、そして高視聴率はめでたいばかりだ。

     一方で、フジテレビが放送中のバレーボールW杯。日本のバレーボールが「メダルは当たり前、金メダルが目標」という時代に育った記者には日本代表の成績も、視聴率も寂しすぎる。
    ラグビーと同じ時期に日本で開催と言うことも、その差を際立たせる。

     野球が地上波テレビのゴールデンタイムの主役でなくなってから10年近くなる。21日の巨人の5年ぶりの優勝も地上波での生放送はなかった。
    メディアの状況が、どんどん変化していく時代。スポーツの人気も、次々と入れ替わっていく。

     速報では他の追従を許さなかったテレビも、ネット環境の進歩で独占的な地位を失った。映像はテレビだけでなく、スマホでもリアルタイムで見られる時代になった。

     メディアはどうなるのか、テレビの将来は? そんなことを考えながら、ラグビー日本代表の次戦、28日のアイルランド戦を応援したいと思う。【小谷野俊哉】

    日刊スポーツ 2019年9月29日5時2分
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201909260001005.html

    前スレ ★1:2019/10/08(火) 23:39:32.40
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1570583154/

    <関連スレ>
    【ラグビーW杯】<日本サモア戦の視聴率>前半26.4%。後半31.9% ラグビー中継初の30%超え!にわかラグビーファンは中高年...★6
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1570402408/
    【ラグビーW杯】<日本-サモア戦>視聴率32・8%!瞬間最高は46・1% ★4
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1570460513/
    【ラグビー】大金星のラグビーW杯「日本×アイルランド」中継 平均22・5%、瞬間最高28・9%の高視聴率 ★4
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1569839278/
    > なお、試合前半の午後4時5分~5時8分は15・3%、試合後の午後6時31分~43分は22・1%の平均視聴率を記録した。

    【テレビ】<視聴率>ラグビーW杯開幕>ロシア戦18・3%!日本戦以外も好調..「NZ×南アフリカ」12.3% フランス×アルゼンチン」6%★4
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1569368353/

    【女子バレー/フジ】2019W杯日本戦の視聴率は第7戦10.8%、第8戦9.2%、第9戦不明(8.5%以下)、第10戦9.4%、第11戦12.1%
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1570542678/
    【女子バレー/フジ】2019W杯日本戦の視聴率は第3戦(vs韓国)12.3%、第4戦(vsカメルーン)10.1%、第5戦(vs中国)9.3%、第6戦(vsアメリカ)9.9%
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1569583043/
    【女子バレー/フジ】2019W杯・第1戦「日本vsドミニカ共和国」(19:19~)の視聴率は8.8%、第2戦「日本vsロシア」(19:19~)は9.4%
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1569344274/

    (>>2-5あたりに、関連スレの続き)


    【変わりゆくスポーツ人気 ラグビーW杯は高視聴率も女子バレーの視聴率は寂しすぎる 野球は地上波G帯の主役でなくなってから10年近くになる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 rugby-rp.com)



    1 THE FURYφ ★

    10月19日(土)16:15 準々決勝 大分スポーツ公園総合競技場
    イングランド - オーストラリア

    10月19日(土)19:15 準々決勝 東京スタジアム
    ニュージーランド - アイルランド

    10月20日(日)16:15 準々決勝 大分スポーツ公園総合競技場
    ウェールズ - フランス

    10月20日(日)19:15 準々決勝 東京スタジアム
    日本 - 南アフリカ

    https://sports.yahoo.co.jp/contents/3605


    【【ラグビー/W杯】決勝トーナメント組み合わせ決定 日本は20日に東京スタジアムで南アフリカと対戦】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



    1 THE FURYφ ★

    <ラグビーW杯:スコットランド61-0ロシア>◇9日◇静岡・エコパスタジアム◇1次リーグA組世界ランク

    9位のスコットランドが、同20位のロシアに勝利した。

    ロシアのジョーンズ監督は大敗を振り返り「ティア1がやっているのは、別のスポーツだ」と伝統国の強さを口にした。

    2大会ぶり出場も4戦全敗、トライは日本戦の1つだけだったが「貴重な経験だった」。開幕戦で日本と好勝負をし、
    控え中心のスコットランドには大敗。「どちらが勝つと思うか」と聞かれ「状況が違うので比較できない。
    結果は分からないが、大変な試合になる」と話した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191009-10090727-nksports-spo


    【【ラグビー/W杯】4戦全敗のロシア監督「ティア1がやっているのは、別のスポーツだ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1


    (出典 img.5ch.net)

    「ラグビーW杯・1次リーグB組、ニュージーランド63-0カナダ」(2日、昭和電工ドーム大分)

    前人未踏のW杯3連覇を目指す世界ランク1位のニュージーランドが今大会最多の9トライ、63点の猛攻で、
    同22位のカナダに圧勝。開幕から2連勝で、勝ち点を9に伸ばした。

    ハンセン監督は「試合について「とてもいいゲームだった。特に後半の前半はよく組織し、あの本当に難しいコンディションでゲームをコントロールしてくれた」と満足そうにうなずいた。

    一方で湿気の高ささからボールが滑り、オールブラックスとは思えないハンドリングミスが目立つ場面もあったが、
    「母国の皆さんはなぜ何回もボールを落とす場面があったのかといぶかるかもしれないが、湿気は信じられないくらいのひどさだった」と指揮官も慣れない気候にこばしてみせた。

    リード主将も「みんなそう感じたと思う。キックオフ直後から汗だくだった。今後もこういう状況での試合が
    続くはずだから、どうにか克服しなければ」と戸惑いを見せたが、それでいてこの完勝。3連覇への視界は良好だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-00000126-dal-spo


    【【悲報】日本人「四季があるのは日本ただけ!」オールブラックス監督「日本の季節は信じられないほど酷い。」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 news.mynavi.jp)



    1 Egg ★

    その瞬間、日本テレビ局内で歓声が上がったという。20日に放送したロシアとのラグビーW杯開幕戦(午後7時30分~同9時54分=東京スタジアム)の平均視聴率が18・3%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)をマーク。瞬間最高視聴率も25・5%に達した。

     今回のW杯は、この日テレ(19試合)とNHKBS(BS1を中心に14試合)、CS放送局のJ SPORTS(全48試合)の3局が放送権を持つ(インターネット動画配信のDAZNはハイライト配信)。放送関係者が言う。

    「3局の放送権料は電通がIMGから購入、3局合わせて20億円程度とみられる。他のスポーツイベントと比較すると、東京五輪が525億円、サッカーW杯は400億円で、現在開催中の男女バレーボールのW杯(フジテレビ系列)は30億円に迫る。ラグビーはトップリーグや人気が高い早明戦でも視聴率が取れない。スタジアムで直接、試合を見る人が多く、地方での関心度が高くありません。視聴率が読めない最たるスポーツといっていい。

     ラグビー協会は今後のプロ化構想と関連し、放送権料による収益増を目指している。今大会は、釜石、静岡、大分など地方でも開催され、ファンを開拓する契機といえる。前回のW杯は五郎丸歩というスターが生まれたにもかかわらず、人気拡大策を掲げられず、その後の人気は尻すぼみになった。前回の二の舞いだけは避けたいところです」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190929-00000012-nkgendai-spo


    【【ラクビーW杯】<ロシア戦高視聴率も放映権料「20億円」の後進スポーツ>東京五輪が「525億円」サッカーW杯は「400億円」】の続きを読む

    このページのトップヘ