野球

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 blog.karasuneko.com)



    1 名無し募集中。。。

    野球選手は身体能力がとても高いし
    野球選手が他のスポーツやれば余裕で結果出せるでしょ


    【プロ野球選手って身体能力が高いから他のスポーツに転向してもすぐにオリンピックのメダリスト級の選手になれるよな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.zakzak.co.jp)



    1 Egg ★


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    来年7月24日に開幕する東京五輪で、金メダルを目指す野球日本代表「侍ジャパン」の柱と期待されるのがソフトバンクの千賀滉大投手(26)だ。2024年パリ五輪では野球の不採用が決まっており「スポーツの祭典」を野球の魅力を世界に発信できるチャンスと捉える。最速161キロ右腕が自国で開催される五輪への思いを初めて語った。

    【写真】ソフトボールの上野とともに自主トレを行う千賀

    ■ソフトボールの上野から刺激

     ―野球・ソフトボールが復活する東京五輪まで1年を切った。

     「後半戦は仕事ができていないし、目の前のことで精いっぱいで、実感は全然ないです。でも、そこに名前が挙がる選手でありたいと思うし、出たいという気持ちではいます」

     ―五輪のイメージは。

     「イメージがつきづらい。スポーツとしては、これだけ大きな国際大会はないのだろうけど、今は『分からない』というのが正直な思いです」

     ―現役中には二度とない自国開催。2013年に東京開催が決まったとき、今の姿を想像していたか。

     「思っていなかった。五輪自体が、どういうものなのかも、分かっていなかった。東京でやるんだあ、というぐらいの感覚だった」

     ―自国開催で金メダルを期待される中でプレーする重圧は計り知れない。

     「日の丸を背負う時点でプレッシャーは絶対にある。その中で、自分の行動がどう制限されるか分からないのかも分からない。プレッシャーの中で戦うのは大変だと思う」

     ―野球以外の競技への関心は。

     「あまり、見ることがないので分からないけど、やっぱり(ソフトボールの)上野(由岐子)さんです。08年北京五輪で金メダルを取ったこと以上に、身近でそういう人が練習していたという刺激が大きかった。(08年は)リアルタイムでも見ていたとは思います」

     ―自主トレをともにしたこともある。技術もそうだが、エースとしての立ち居振る舞いに刺激を受けたのか。

     「すべてにおいて自分で責任を取れるし、発信もできる。口だけではなく行動でも示している。自主トレには若い選手も連れてきていて『自分たちで引っ張っていかないと、時間がたつとすぐに下(の世代)が入ってくる。自分たちでやらないといけない』と常に言っていたことを、すごく覚えている」

    7/30(火) 11:14配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190730-00010000-nishispo-base


    【【野球】ソフトバンク千賀 「米国、中南米、日本を含めたアジアでは盛んだけど、欧州が関わるとマイナースポーツになってしまうのかな」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 prtimes.jp)



    1 ニーニーφ ★

     第101回全国高校野球選手権岩手大会は25日に決勝があり、高校史上最速となる163キロを記録した大船渡の佐々木朗希投手(3年)は、故障を予防したいという監督の判断で登板しなかった。
    試合は大船渡が花巻東に2―12で敗れた。

     「出さない判断は当然で、最低限の健康配慮だ」。スポーツ評論家の玉木正之さんはこうみる。

     これまでにも、過度な負担がかかる投手を何人も見てきた。
    「これまでの流れを変えるのは難しいことなので、(登板回避は)評価している。
    肩を壊してでも投げるという姿に感動してはいけない。やっと歯止めがかかりそうだ」と話す。

     玉木さんによると、米国では州によって異なるが、高校生の公式戦で投球数制限の導入が進んでおり、連投はさせないという。佐々木投手は24日の準決勝に先発し、完封していた。

     玉木さんは「日本高校野球連盟は投球数制限を決めるのに、時間をかけ過ぎだ」と指摘する。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190725-00000100-asahi-spo


    【【高校野球】スポーツ評論家の玉木正之氏、佐々木を登板させなかった大船渡監督を絶賛 「出さない判断は当然」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.sanspo.com)



    1 省略

    本当の意味で世界と闘う面白さを追及しよう!
    もうアメリカの腰巾着はやめよう


    【野球はマイナースポーツ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)



    1 影のたけし軍団ρ ★ :2019/07/02(火) 00:36:56.86 ID:MW3RHx039.net

    NPB=日本野球機構とプロ野球の12球団は、選手会が導入を求めている出場機会に恵まれない選手を対象にした
    「現役ドラフト」の導入に向けた検討を進めていくことになりました。

    「現役ドラフト」はリストアップされた現役選手をほかの球団が指名することで移籍が可能となる制度です。

    出場機会に恵まれない選手が新たな活躍の場を求めることができるとして、プロ野球選手会が実現を求め、NPBと交渉を進めてきました。

    NPBではすでに選手のリストアップの方法などについての案を各球団に示していて、
    1日は都内で開かれた12球団の代表者による実行委員会で、この案について意見が交わされました。

    プロ野球では移籍の活性化を目指し、1970年代と90年代に同様の取り組みが行われましたが、
    関係者によりますと、思うような成果はあげられなかったということです。

    NPBは「出場機会が少ない選手にチャンスを与えたいという選手会の趣旨は理解している。
    過去の反省も踏まえた制度を作っていきたいという意向は持っている」として、「現役ドラフト」の導入に向け、
    選手会の意見も聞きながら12球団と検討を進めていくことにしています。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190702/k10011978331000.html


    【プロ野球 「現役ドラフト」導入を検討 ・・・現役選手を他球団が指名へ】の続きを読む

    このページのトップヘ