野球

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 tk.ismcdn.jp)



    1 Egg ★

    『ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)決勝』が行われた。

    2階級の王者・井上尚弥(26)が、5階級制覇のノニト・ドネア(フィリピン)を3-0判定で下し、世界のバンタム級の統一王者となった。

    実はこの日の同時刻、TBSは『世界野球プレミア12・日本×台湾』を、テレビ東京は『卓球ワールドカップ団体戦2019TOKYO・男子・日本×ドイツ』を放送した。スポーツ3番組が激突していたのである。

    この秋はテレビでスポーツ番組が花盛りとなっている。ただし反比例するように、野球の地盤沈下が目立つ。スポーツの隆盛と、野球の地盤沈下について考えてみた。

    3世界大会が激突

    11月7日(木)、フジテレビは『プロボクシング・WBSSバンタム級決勝・井上尚弥×ノニト・ドネア』を中継し、ビデオリサーチ(VR)によれば、夜9時台からの73分の世帯視聴率は15.2%だった。海外メディアから「年間最高試合の候補」と絶賛されるほど迫力のある試合だったが、同局の同時刻前4週平均の倍に相当する好記録を叩き出した。

    一方TBS『世界野球プレミア12』は、夜7時半からの2時間40分平均が11.6%。前4週平均と比べ、少し高い数字に留まった。また夜7時からのテレ東『卓球ワールドカップ』(約3時間)は3.8%。残念ながら、前4週平均に届かなかった。

    この日はスポーツ中継が3つ激突したことで、各番組に明暗が生まれた。ただし全体としては、普段よりテレビを見る人が多くなった。

    HUT(総世帯視聴率)は62.5%と、前4週より2.8%上昇した。そのうち3中継合計の占有率は40.2%。テレビを付けていた家庭の4割が、世界と戦う日本人の姿に注目していたことになる。

    この秋はラグビーW杯をはじめ、バレーボール・卓球・野球・サッカー・陸上など、各種スポーツの生中継が多く放送された。

    7日の3中継同時刻激突は、まさに近年のテレビ状況を象徴する1日だった。

    野球の地盤沈下

    ただし野球の地盤沈下が目に余る。

    今年は日本シリーズの平均が、関東地区で初めて一桁に留まった。しかも試合は、長く球界の盟主と自他ともに認めていた巨人戦だ。

    70~80年代には、リーグ中の普通の試合でも、20~30%を軽く叩き出していた。ところが日本一を決める重要カードで10%に届かないとは、過去の栄光は消えたと言わざるを得ない(詳細は、拙稿『巨人戦はオワコンか?~日本シリーズ視聴率一桁から見える現実~』参照)。

    巨人だけでなく、世界野球プレミアも深刻だ。

    オープニングラウンドの3戦、ベネズエラ・プエルトリコ・台湾との平均は11.3%だった。4年前の開幕からの3戦は16.5%だったから、3分の1ほど視聴者を失った格好だ。

    他のスポーツ中継と比べると、野球の深刻さはより際立つ。

    この秋はラグビーW杯の躍進が最も目立った。日本代表が世界と戦った5試合の平均は30.2%。史上初めてベスト8に進出した対南アフリカ戦では、41.6%とサッカーW杯での日本代表戦と肩を並べる健闘だった。

    しかもラグビーは、日本代表戦に留まらない。

    日本人は日本代表以外の外国同士の試合はあまり見ないと言われていた。ところが今回のラグビーW杯では、夕方4時半以降に始まった外国同士の8試合平均が14.1%。決勝戦の「イングランド×南アフリカ」に至っては20%を超えた(詳細は、拙稿『ラグビーW杯 決勝戦20%超の意味~視聴データで読むドラマチックな物語~』参照)。

    世界を舞台にした侍ジャパンの奮闘は、ラグビーW杯の外国同士のカードにも及ばなかったのである。

    野球はサッカーにも届かなかった。

    『2022FIFAワールドカップアジア2次予選』で、日本代表はミャンマー・モンゴル・タジキスタンと対戦した。3試合の平均は12.8%。ハッキリ言って対戦した3か国は、アジアの中でもサッカー弱小国だ。それでも野球の上を行ったのである。

    野球がかろうじて勝てたのは、『FIVBワールドカップバレーボール2019』。視聴率は10.0%だったので、侍ジャパンは何とか1.3%上回った。

    写真

    (出典 rpr.c.yimg.jp)


    11/8(金) 15:53
    https://news.yahoo.co.jp/byline/suzukiyuji/20191108-00150052/

    1 Egg ★ 2019/11/09(土) 21:23:17.21
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1573302197/


    【【野球】<地盤沈下から挽回できるか?>他のスポーツ中継と比べると野球の深刻さはより際立つ。明らかに高齢者向けコンテンツ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 i.ytimg.com)



    1 風吹けば名無し


    (出典 i.ytimg.com)


    Youtuber達を救いたい

    108,036 回視聴
    ?2019/11/07


    【ダルビッシュ「スポーツ紙はYouTube動画書き起こし記事を書くな。クリックされないだろ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 auctions.c.yimg.jp)



    1 なるこちゃん(家) [US]

    sssp://img.5ch.net/ico/ps3.gif
    ‪※スレ立てテスト

    台湾野球のチアガール「峮峮(ちゅんちゅん)」が可愛い - MOB CHANNEL
    http://mob-channel.hateblo.jp/entry/2019/08/22/000000‬

    台湾といえば美味しい食べ物。台湾といえばタピオカミルクティー。それだけではないことはこのブログをご覧になっている方ならご存知だと思います。
    そう、可愛い女の子。今回は可愛い台湾のチアガールを紹介したいと思います。

    台湾といえば野球どころ。プロ野球は庶民の娯楽として楽しまれています。全4チーム(プラス1チームが最近再結成された。)各球団にチアガールがいてスタンドを盛り上げています。
    その中の「中信兄弟」というチームのチアに可愛くて話題になっている女の子がいます。その名は「峮峮(ちゅんちゅん)」といいます。

    笑顔がとても素敵な女の子で、ちょっとムチムチしてておじさんには堪らない体型。
    そんな台湾おじさんがたくさんいるのか日々YouTubeのちゅんちゅんチャンネルには動画がアップされ続けています。
    一本一本は短めなので癒されたいときにさっと見ることができるのもありがたい。

    画像

    (出典 i.imgur.com)


    動画




    乳揺れ


    水濡れスケスケ


    【【テスト】‪台湾野球のチアガール峮峮(ちゅんちゅん)が可愛い】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 tk.ismcdn.jp)



    【野球(年収3億円)「はぁはぁ…毎日やるぞー!」サッカー(年収300億)「週一で楽だわーw」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 prtimes.jp)



    1 ARANCIO-NERO ★

    球数制限、酷暑の甲子園、勝利至上主義の弊害……。競技人口減少に危機感を抱く日本球界の諸問題に対して、野球大国アメリカの
    先例に学ぼうという気運が高まっている。それも一つの方法だが、100年以上の歴史を有し、スポーツを生活の一部と捉えてきたヨーロッ
    パの「クラブ文化」にもヒントがあるかもしれない。 さまざまなスポーツで全国リーグを行うドイツには、野球のブンデスリーガが存在し、
    そこには「スポーツ文化、クラブ文化の一部としての野球」があった。日本とはまったく違う野球の世界を現在進行形で体験中の、日本
    人初“野球のブンデスリーガー”片山和総(かずさ)の話に耳を傾けてみよう。

    聖地・甲子園が生み出すトナーメント至上主義

    日本の高校野球には聖地とされる甲子園がある。そこに出ること、そこに出るために自分たちを高めていくことに価値を求めるのが自然
    の流れとなる傾向が強い。だから勝ち負けにこだわらざるをえない。プロ野球が140試合を超えるリーグ戦で行われているにもかかわら
    ず、日本の高校野球は必然的にトーナメントで行うものという意識が強くなる。

    一方ヨーロッパでは育成年代からリーグ戦が確立していることで指導的な意味、教育的な面も含めて試合を采配できるというメリットが
    ある。まだまだ野球未開の地であるドイツでプレーする片山だが、ヨーロッパだからこそ実現できる野球の世界があると指摘する。

    「リーグのシステムがあることが大事というか、それがあるからやりたい子ができる。公式戦の数は多いですし、みんなが試合に出られ
    る環境がある。日本は野球がメジャーすぎて、1チームに多くの子どもが所属していて、小学校・中学校を卒業するまで全然試合に出ら
    れない子もいる。試合に出られる環境があるという意味ではもし*るとドイツのほうがいいんじゃないかなと思います」

    厳しすぎる練習をしたり、勝利にこだわって選手を固定したりすることは、同時に試合に出られない子をたくさん生み出す。好きで始めた
    子どもが自分から離れていくことの悲しさ。大人になってもそのスポーツを好きなままでいられないかという視点は必要なことではないか。

    「日本に帰った時、近所で少年野球の大会があったら見に行ったり、個人的にレッスンをしている小学生と話したりするんですが、例えば
    コーチが試合中に怒鳴っていて、それで子どもが萎縮しているんです。『全然試合に出られないからレッスンを受けに来た』という子の親
    からは、コーチが『今年はあの子たちしか使う気はないから』という話をしているという声も聞きました。それでチームを替えたり、もう野球
    をやめたっていう子もいます。乱暴な言葉かもしれませんが、日本の野球界は『日本の野球』の上にふんぞり返っているんじゃないでし
    ょうか。野球をやりたい子は勝手に何人でも出てくるし、いい選手は何人でも勝手に出てくると思っているのかもしれません」

    REAL SPORTS
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-00010002-realspo-base


    【【野球】日本野球界に忍び寄る「消滅危機」はどうすれば止められる? スポーツ大国ドイツからの提言】の続きを読む

    このページのトップヘ