このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 wakaikoro.com)



    1 名無しさん@おーぷん

    スペック高い


    【南原清隆 ダンス上手い サックス吹ける 狂言できる スポーツに詳しい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.football-zone.net)



    1 Egg ★

    サッカー・ワールドカップ・ロシア大会決勝トーナメント1回戦の日本ーベルギー戦後半、決勝ゴールを決められた直後の本田圭佑(右)と吉田麻也=2018年7月、ロシア・ロストフナドヌー

    ◇ベルギー戦の悪夢

     サッカーで「2-0」のスコアは、リードしている側が危ないとも言われる。2018年ワールドカップ・ロシア大会で、日本が2点を先行しながらベルギーに3点を返され、8強入りの夢を断たれたのは記憶に新しい。真相はどうか。

     データスタジアム社が、J1~3のリーグ戦3871試合(15年~19年9月)を調べたところ、2-0の状態が生まれたのは3分の1以上にあたる1337試合。その試合結果を見ると、2点先取したチームの勝利が91.9%、引き分けが5.2%、敗戦はわずか2.9%。データ上は危険どころか、圧倒的に優位なスコアと言える。

     日本のサッカー関係者は、精神面の影響が大きいと見る。「2-0が危険という思考こそが危険。点を取られる前提の考え方」。現在はJクラブでスカウトとして活躍する元選手は、格下のチームが陥りやすい現象ではないかと指摘する。さすがに格下でも、3-0であれば精神的に余裕が生まれるが、2-0では「まだ足りない」という心理から追い込まれ、自ら崩れていくという構図だ。

     だが、海外の捉え方は違う。留学経験を持つJ2水戸の河野高宏GKコーチは、ベルギー戦後に海外の知人から「日本が逃げ切れなかったのが信じられないと言われた」。長い歴史と戦いの中で試合運びにも豊富な蓄積がある欧州や南米では、3点目がとどめではなく、2-0が勝利同然と認識するスコアのようだ。

     日本代表DFの吉田麻也(サンプドリア)は、ベルギー戦の翌日にこう語っている。「2-0になってから無意識に受け身になってしまった」「まだまだ勝ち慣れてない、勝ち切る強さがない」。勝てたはずと思いながら一晩を過ごし、たどり着いた答え。世界での日本の立ち位置を認めざるを得ない結論だった。(時事通信社・前田悠介)

    6/10(水) 8:02 共同通信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2fd212564bcf4c58942a3980c97b259c8efddb67

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    サッカー・ワールドカップ・ロシア大会決勝トーナメント1回戦の日本ーベルギー戦後半、決勝ゴールを決められた直後の本田圭佑(右)と吉田麻也=2018年7月、ロシア・ロストフナドヌー


    【【サッカー】<2−0は危険>こそが危険 日本のサッカー関係者は、精神面の影響が大きいと見る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 topics-cdn.nintendo.co.jp)



    1 爆笑ゴリラ ★


    (出典 img.5ch.net)

    6/9(火) 9:41配信
    日刊スポーツ

    橋本聖子五輪相(20年2月10日撮影)

    橋本聖子五輪相(55)が9日、閣議後会見を行い、簡素化する案が検討されている東京オリンピック(五輪)・パラリンピックについて、無観客試合の選択肢については「現段階では組織委から『時期尚早』との話をされており、私もそのように思っている」と慎重な姿勢を示した。さらに「まずはコロナ感染症対策をやり、収束させていくことが大前提。まだまだ状況を注視していかないといけない」と話した。

    また、組織委の遠藤利行会長代行が大会開催の可否判断について、来年春との見方を示したことについて言及。「遠藤会長代行から直接、そういったお話を伺ったわけではございませんが、組織委からは現段階では、(無観客試合の選択肢と)同じく『時期尚早』とのお話だった」と話した。

    また、政府は閉会式翌日の8月8日に「山の日」を移動するなどの五輪特別措置法改正案が5月29日に国会に提出されたが、今国会での成立を見送る方針を固めた。橋本氏は「祝日の特例に関し、周知期間を確保する必要があるので、急がないといけないと考えている。政府としては、とにかく早期の審議成立に向けて、努力していきたい」と話した。


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/6286bc1b935469baf841603c02e6ebdd01ad1c4e


    【【五輪】橋本五輪相は慎重、簡素五輪案の無観客など時期尚早 (日刊スポーツ)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 名無しさん@おーぷん

    バスケのようにチビが圧倒的不利になったり
    体操のようにでかいのが圧倒的に不利になるなかで
    一番バランスよく両方できる体形ってどれくらいかな?


    【全てのスポーツで通用する身長と体重ってどれくらいやろか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 影のたけし軍団ρ ★

    Jリーグは新型コロナウイルスの影響で2月下旬から中断していたJ1の再開を7月4日に決めた。
    J2とJ3は今月27日から。リーグの運営にあたっては、選手や観客を含め全ての人の対応が一変していく。

    見えない「敵」とどう共存していくか。課題を探った。

    サッカーは競技の特性上、スポーツの中でも身体接触が多い。
    相手の血に触れることもあり、声を張り上げた際や、激しい息遣いの中では飛沫(ひまつ)が懸念される。

    プロ野球との合同対策会議専門家チームの三鴨広繁氏(愛知医科大大学院教授)は、
    汗による感染の可能性はないとしながらも、「野球と比べれば、接触感染の可能性は高まる。
    もし選手が感染していたら、一気に広がる確率は上がる」と話す。

    Jリーグは選手に週2度、家族にまでPCR検査を求めたドイツ・リーグの厳格な取り組みを参考に、感染リスクを減らす対策を検討。
    当初困難とされた検査の導入にめどが付き、2週に1度、選手、審判員らを検査する方針だ。

    練習再開したチームに対しては、万が一に備え、当面は接触プレーを避けるよう呼び掛けている。

    ただ、検査の精度は100%ではない。無症状の感染者や、発症2日前から感染の危険性があるのがコロナの厄介なところ。
    三鴨教授は各クラブで毎日行う健康観察と行動記録の管理が、その穴を補完すると指摘。

    チーム内と家族らに接触を制限し、異常が2週間なければ、感染の疑いはないとされる。
    一方で、選手の私的な時間での自覚が問われる問題にもなる。

    専門家チームからは、一流の競技者は消耗の激しい運動後、免疫力が低下すると報告されている。
    三鴨氏は「免疫力が下がれば、ウイルスが少なくても感染する。ボディーコンタクトが多いことを含め、
    当然のことながら感染リスクは野球より高まる」。コロナと向き合う中で、サッカー特有の課題を指摘した。
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020060500240&g=spo


    【【サッカー】 接触プレー不可避、Jリーグ再開の障壁・・・専門家 「野球と比べれば、感染リスクは高い」】の続きを読む

    このページのトップヘ