このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 影のたけし軍団ρ ★

    Jリーグは新型コロナウイルスの影響で2月下旬から中断していたJ1の再開を7月4日に決めた。
    J2とJ3は今月27日から。リーグの運営にあたっては、選手や観客を含め全ての人の対応が一変していく。

    見えない「敵」とどう共存していくか。課題を探った。

    サッカーは競技の特性上、スポーツの中でも身体接触が多い。
    相手の血に触れることもあり、声を張り上げた際や、激しい息遣いの中では飛沫(ひまつ)が懸念される。

    プロ野球との合同対策会議専門家チームの三鴨広繁氏(愛知医科大大学院教授)は、
    汗による感染の可能性はないとしながらも、「野球と比べれば、接触感染の可能性は高まる。
    もし選手が感染していたら、一気に広がる確率は上がる」と話す。

    Jリーグは選手に週2度、家族にまでPCR検査を求めたドイツ・リーグの厳格な取り組みを参考に、感染リスクを減らす対策を検討。
    当初困難とされた検査の導入にめどが付き、2週に1度、選手、審判員らを検査する方針だ。

    練習再開したチームに対しては、万が一に備え、当面は接触プレーを避けるよう呼び掛けている。

    ただ、検査の精度は100%ではない。無症状の感染者や、発症2日前から感染の危険性があるのがコロナの厄介なところ。
    三鴨教授は各クラブで毎日行う健康観察と行動記録の管理が、その穴を補完すると指摘。

    チーム内と家族らに接触を制限し、異常が2週間なければ、感染の疑いはないとされる。
    一方で、選手の私的な時間での自覚が問われる問題にもなる。

    専門家チームからは、一流の競技者は消耗の激しい運動後、免疫力が低下すると報告されている。
    三鴨氏は「免疫力が下がれば、ウイルスが少なくても感染する。ボディーコンタクトが多いことを含め、
    当然のことながら感染リスクは野球より高まる」。コロナと向き合う中で、サッカー特有の課題を指摘した。
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020060500240&g=spo


    【【サッカー】 接触プレー不可避、Jリーグ再開の障壁・・・専門家 「野球と比べれば、感染リスクは高い」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 darts-stadium.jp)



    1 名無しの与一

    ゲーム性もあるし、はじめるコストも安い。その割にメジャーな競技とは言い難い。そんなダーツをメジャースポーツにする方法を考えるスレです。

    ざっくり考えると
    ・子どもが入ってこないため
    ・いきなり地上波は無理だろうけど、競技をリアル配信
    などなど


    【【ダーツ】ダーツをメジャーなスポーツにする方法】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 gaiax-socialmedialab.jp)



    1 久太郎 ★

    スペイン紙アス電子版が3日、新型コロナウイルスの影響による現在のロックダウンの期間中にインスタグラムで最も収入を得ているスポーツ選手トップ10を発表した。1位から3位をサッカー選手が独占している。

    米国のコンサルティング会社アタインの3月12日~5月14日のデータをアス紙が引用。トップはポルトガル代表クリスティアーノ・ロナウド(35=ユベントス)。その収入は210万ユーロ(約2億5200万円)だったという。フォロワー数は2億2200万人である。

    2位はアルゼンチン代表FWメッシ(32=バルセロナ)で、150万ユーロ(約1億8000万円)、フォロワー数1億5300万人。3位はブラジル代表FWネイマール(28=パリ・サンジェルマン)で、収入130万ユーロ(約1億5600万円)、フォロワー数は1億3900万人となっている。

    スポーツ別で見てみると、サッカーから6人、バスケットボールから2人、クリケットとボクシングから各1人が選ばれている。

     ◇   ◇

    ロックダウン期間中のインスタグラム収入スポーツ選手トップ10

    1位 クリスティアーノ・ロナウド(サッカー):210万ユーロ(約2億5200万円)

    2位 リオネル・メッシ(サッカー):150万ユーロ(約1億8000万円)

    3位 ネイマール(サッカー):150万ユーロ(約1億8000万円)

    4位 シャキール・オニール(バスケットボール/引退):65万5000ユーロ(約7800万円)

    5位 デビッド・ベッカム(サッカー/引退):45万5000ユーロ(約5460万円)

    6位 ヴィラット・コーリ(クリケット):42万5000ユーロ(約5100万円)

    7位 ズラタン・イブラヒモ*(サッカー):20万6000ユーロ(約2472万円)

    8位 ドウェイン・ウェイド(バスケットボール/引退):16万ユーロ(約1920万円)

    9位 ダニエル・アウヴェス(サッカー):15万ユーロ(約1800万円)

    10位 アンソニー・ジョシュア(ボクシング):13万6000ユーロ(約1632万円)

    (高橋智行通信員)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/09d079521e0a3486d08992b17779166ad0cb90c3


    【【サッカー】ロックダウン中にインスタで最も稼いだスポーツ選手は?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 dot.asahi.com)



    【【驚愕】久保建英のフィジカル、ガチでとんでもないことになる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 zuborasyuhu.com)



    1 名無し募集中。。。

    なんとも言えないか


    【スポーツ選手の才能ってその息子にも遺伝するのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ