このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.zakzak.co.jp)



    1 Egg ★


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    来年7月24日に開幕する東京五輪で、金メダルを目指す野球日本代表「侍ジャパン」の柱と期待されるのがソフトバンクの千賀滉大投手(26)だ。2024年パリ五輪では野球の不採用が決まっており「スポーツの祭典」を野球の魅力を世界に発信できるチャンスと捉える。最速161キロ右腕が自国で開催される五輪への思いを初めて語った。

    【写真】ソフトボールの上野とともに自主トレを行う千賀

    ■ソフトボールの上野から刺激

     ―野球・ソフトボールが復活する東京五輪まで1年を切った。

     「後半戦は仕事ができていないし、目の前のことで精いっぱいで、実感は全然ないです。でも、そこに名前が挙がる選手でありたいと思うし、出たいという気持ちではいます」

     ―五輪のイメージは。

     「イメージがつきづらい。スポーツとしては、これだけ大きな国際大会はないのだろうけど、今は『分からない』というのが正直な思いです」

     ―現役中には二度とない自国開催。2013年に東京開催が決まったとき、今の姿を想像していたか。

     「思っていなかった。五輪自体が、どういうものなのかも、分かっていなかった。東京でやるんだあ、というぐらいの感覚だった」

     ―自国開催で金メダルを期待される中でプレーする重圧は計り知れない。

     「日の丸を背負う時点でプレッシャーは絶対にある。その中で、自分の行動がどう制限されるか分からないのかも分からない。プレッシャーの中で戦うのは大変だと思う」

     ―野球以外の競技への関心は。

     「あまり、見ることがないので分からないけど、やっぱり(ソフトボールの)上野(由岐子)さんです。08年北京五輪で金メダルを取ったこと以上に、身近でそういう人が練習していたという刺激が大きかった。(08年は)リアルタイムでも見ていたとは思います」

     ―自主トレをともにしたこともある。技術もそうだが、エースとしての立ち居振る舞いに刺激を受けたのか。

     「すべてにおいて自分で責任を取れるし、発信もできる。口だけではなく行動でも示している。自主トレには若い選手も連れてきていて『自分たちで引っ張っていかないと、時間がたつとすぐに下(の世代)が入ってくる。自分たちでやらないといけない』と常に言っていたことを、すごく覚えている」

    7/30(火) 11:14配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190730-00010000-nishispo-base


    【【野球】ソフトバンク千賀 「米国、中南米、日本を含めたアジアでは盛んだけど、欧州が関わるとマイナースポーツになってしまうのかな」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 i.ytimg.com)



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします

    あとひとつは?


    【三大運動音痴には拷問なスポーツ「バレーボール」「サッカー」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 prtimes.jp)



    1 ニーニーφ ★

     第101回全国高校野球選手権岩手大会は25日に決勝があり、高校史上最速となる163キロを記録した大船渡の佐々木朗希投手(3年)は、故障を予防したいという監督の判断で登板しなかった。
    試合は大船渡が花巻東に2―12で敗れた。

     「出さない判断は当然で、最低限の健康配慮だ」。スポーツ評論家の玉木正之さんはこうみる。

     これまでにも、過度な負担がかかる投手を何人も見てきた。
    「これまでの流れを変えるのは難しいことなので、(登板回避は)評価している。
    肩を壊してでも投げるという姿に感動してはいけない。やっと歯止めがかかりそうだ」と話す。

     玉木さんによると、米国では州によって異なるが、高校生の公式戦で投球数制限の導入が進んでおり、連投はさせないという。佐々木投手は24日の準決勝に先発し、完封していた。

     玉木さんは「日本高校野球連盟は投球数制限を決めるのに、時間をかけ過ぎだ」と指摘する。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190725-00000100-asahi-spo


    【【高校野球】スポーツ評論家の玉木正之氏、佐々木を登板させなかった大船渡監督を絶賛 「出さない判断は当然」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.asahicom.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★

     バスケットボールで、3季目を終えたBリーグの大河正明チェアマン(61)がこのほどインタビューに応じ、2016年開幕前に掲げた3本柱「世界に通用する選手やチームの輩出」「エンターテインメント性の追求」「夢のアリーナの実現」の達成度を分析。また、男子代表の44年ぶり五輪出場決定、八村塁の日本人初のNBAドラフト1巡目指名など、日本バスケ界が大きく動いた1年間も振り返った。(取材・構成=小林 玲花)

     Bリーグがどのような成長曲線を描いてきたか。大河チェアマンは旗揚げ前に掲げた「3本柱」に沿って振り返り、4季目への課題と目標を挙げた。

     《1》世界に通用する選手やチームの輩出

     男子日本代表はこの1年で大きな変化を遂げた。W杯(8月~、中国)自力出場を21年ぶりに決め、44年ぶりの五輪となる東京大会の開催国枠も獲得。特にW杯アジア予選では、0勝4敗の敗退危機から八村らの加入で4連勝。さらに、ラスト4試合はBリーグ勢のみで戦い、全勝で予選突破につなげてみせた。

     大河氏は、特に格上のイランをアウェーで倒したことは高く評価できるとし、「世界に近づくことが十分達成できたんじゃないかなと思う」と話した。予選の8勝はオセアニア勢を除けば韓国に次ぐ好成績で「世界基準でいうと合格点」とうなずいた。

     Bリーグでは、3季目終了と同時に代表のPGでもある富樫勇樹(25)=千葉=が初の1億円プレーヤーとなった。大河氏が“世界基準のBリーグ”という命題の答えとしてきたのは「アジアトップレベルになること」と「1億円プレーヤーを出す」ことの2つ。3年かけ最初の目標を成し遂げた。

     今後の課題は「選手の底上げをすること」だという。現在は年間60試合。今後は、さらに選手たちにタフさを求めるべく「NBAのように平日開催を増やすなど、もっと多くの試合をできるように。60試合で大変だと言っていたら、また弱い日本に戻ってしまう」。試合数の増加も視野に入れているという。

     《2》エンターテインメント性の追求

     1季目の開幕戦と3季目のチャンピオンシップに登場したアルバルク東京のファンの熱量、演出を比べても、成長は一目瞭然。「(観客の)熱は、もしかしたら10倍以上も違う。エンターテインメントも含め、ファンを開拓してきたと思う」と評価する。今季、各チームを視察したフリオ・ラマス代表監督も、Bリーグのエンターテインメント性に「(演出は)NBAを超えてるんじゃないか」と話していたという。

     企業主導だった時代にはなかったサービスや試合演出で、チームごとに色も出てきた。「(座席から食事を)スマホで注文できるようにするなど、いつも驚かされるのは千葉。三河も飛行機のビジネスクラスみたいなシートを作って、横にタブレットを置いて試合中継を見られたり、充電器があったり。少し出遅れていた部分だったが、完全にキャッチアップできている」。常に進化している。

    >>2以降に続きます

    7/23(火) 14:03配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190721-00000163-sph-spo


    【【Bリーグ】大河チェアマン、目指すのは昭和のプロ野球、平成のJリーグに続く「令和のBリーグ」 日本第3のプロスポーツへ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 job-hopper.biz)



    1 名無しなのに合格

    官僚適性←両方とも必要


    【サラリーマン適性←集団スポーツができるか  起業適性←勉強ができるか】の続きを読む

    このページのトップヘ