このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 sapporo-shingaku.net)



    1


    (出典 img.5ch.net)

    紀平、次戦での4回転挑戦に意欲フィギュア今季初戦を飾り帰国
    https://www.daily.co.jp/general/2019/09/20/0012718315.shtml


    【スポーツ出来るからとなぜ会社積極採用するんだ?体育会系と仕事の能力って関係なくね?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 rugby-rp.com)



    1 鉄チーズ烏 ★

    POOL B
    9月21日 横浜国際総合競技場(神奈川県横浜市)

    ニュージーランド 23-13 南アフリカ

    https://sports.yahoo.co.jp/contents/5079?module_match=1985584

    【ラグビーW杯プールB:ニュージーランド23-13南アフリカ】注目の強豪対決。王者ニュージーランドが、貫禄の勝利。

     6万3649人が見守る中、横浜国際競技場で行われたこの一戦。優勝候補同士が予選リーグの初戦で激突する、注目の一戦は、23―13でニュージーランドに軍配が上がった。

     立ち上がりは、近場での肉弾戦を挑む南アがボールを支配し、ニュージーランドが凌ぎきるという堅い展開。しかし、細かいパスで接点をズラすニュージーランドの攻撃が功を奏しはじめ、徐々にニュージーランドが試合を支配し始める。ニュージーランドは、20分のリッチー・モウンガ(SO)のペナルティーゴールを皮切りに、22分にはジョージ・ブリッジ(WTB)、26分にはスコット・バレット(LO)がトライを決め、前半を17-3で折り返す。

     後半、南アはピーターステフ・デュトイ(FL)のトライと、ポラードのドロップゴールで食い下がるが、モウンガが2本のペナルティーゴールを確実に決めてリードを守り、ニュージーランドの貫禄の大会白星スタートとなった。

     この日はFBに入ったニュージーランドのボウデン・バレットだが、再三に渡り、2次以降で攻撃を組み立て、マン・オブ・ザ・マッチに輝く活躍。モウンガとのダブル司令塔の体制での布陣が、功を奏した形だ。対する南アは、ラインブレークからニュージーランドゴール前に迫る場面も何度かあったが、チャンスをものにすることができなかった。

    9/21(土) 22:17配信 ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190921-00010003-rugbyrp-spo

    ハイライト
    (出典 Youtube)


    ★1が立った日時:2019/09/21(土) 20:34:43.57

    前スレ
    【ラグビー/W杯】POOL B 一次リーグ最大の大一番は3連覇狙うニュージーランドが23-13で南アフリカ破る
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1569065683/


    【【ラグビー/W杯】POOL B 一次リーグ最大の大一番は3連覇狙うニュージーランドが23-13で南アフリカ破る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 風吹けば名無し

    嫌い


    【スポーツ漫画特有の最後は楽しんだほうが勝つという風潮】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 骨 ★

    https://mantan-web.jp/article/20190912dog00m200062000c.html
    2019年09月12

    9月12日から開催中の国内最大のゲーム展示会「東京ゲームショウ2019」のMCJブースで、
    グラビアアイドルの倉持由香さんがプロデュースした女子eスポーツチーム「G-STAR Gaming」がお披露目された。
    チームのメンバーは、倉持さんら関係者が面接して選んだといい、
    「ゲームのランクやうまさももちろんですが、ゲームが好きなのか、やる気があるのかを重視した」とコメント。
    また、他のチームとの差別化のため「ひとくせある子、一芸に秀でている子」を選んだと話し、
    チームには現役女子高生や薬剤師、英語が堪能なメンバーなどがそろっている。
    「G-STAR Gaming」は、倉持さんがプロデュースし、自身もプレーヤーとして参加する女子ゲーミングチームプロジェクト。
    メンバーはオーディションで決定した12人。マウスコンピューターは、スポンサーとして同チームの活動をサポートする。

    倉持さんは、今後の活動として「日本国内のイベントに顔を出してゲーマーの方に知ってもらう。
     大会やイベントのリポーターの活動などもしていきたい。ゲーミング総合チームというか、
     ゲームに関わるいろいろなことができるチームにしたい。ゲームが好きなタレント集団みたいにしていければ」と説明。
    また、ゆくゆくは「『G-STAR Gaming』主催の女子限定の大会を開きたい」と目標を語った。


    (出典 storage.mantan-web.jp)


    (出典 storage.mantan-web.jp)


    (出典 storage.mantan-web.jp)


    (出典 storage.mantan-web.jp)


    (出典 storage.mantan-web.jp)


    (出典 storage.mantan-web.jp)


    (出典 storage.mantan-web.jp)


    (出典 storage.mantan-web.jp)


    (出典 storage.mantan-web.jp)


    (出典 storage.mantan-web.jp)


    (出典 storage.mantan-web.jp)


    (出典 storage.mantan-web.jp)


    (出典 storage.mantan-web.jp)

    画像


    【【話題】倉持由香、女子eスポーツチームをプロデュース ゲームショウでお披露目】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.sanspo.com)



    1 風吹けば名無し

    外国対外国の試合で客が外国人ばっかで満員


    【【朗報】ラグビー、世界的人気スポーツだった】の続きを読む

    このページのトップヘ