このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 image.itmedia.co.jp)



    1 田杉山脈 ★

    1位ユーチューバー、2位プロゲーマー、3位ゲーム実況者――。

    小学館の小学生向け漫画誌『月刊コロコロコミック』が2019年11月に発表した「読者の興味がある職業」に関するアンケート調査では、2年連続でeスポーツ大会に選手として出場する「プロゲ―マー」が2位に輝いた。ただ、子どもも憧れるこのプロゲーマーをめぐって、国内では混乱が生じている。

    世界でテニスよりも多い約1.3億人の競技人口を誇るeスポーツ。子どもたちがプロゲーマーに関心を持つ1つの理由は、eスポーツの大会で選手に与えられる高額な賞金だろう。eスポーツを牽引するアメリカでは、大会の賞金総額が数十億円に上るものもある。

    2019年7月には、ニューヨークで開催された「フォートナイト・ワールドカップ」で16歳の選手が優勝し、賞金300万ドル(約3億2900万円)を獲得したことが日本メディアでも大きく報じられた。

    プロライセンスを巡る議論
    海外では、職業としてeスポーツを行い、大会で優秀な成績を残した選手は「プロゲーマー」を名乗るのが一般的だ。一方、日本ではやや異なる意味合いを有する。2018年2月に設立された業界団体、日本eスポーツ連合(JeSU)が一定の条件を満たした場合に有料で発行する「公認プロライセンス」を獲得した選手を、プロゲーマーと呼んでいる。

    業界団体がライセンスによってプロ認定を行うのは、現在知られている限り、日本だけだ。1月24日現在では、209人がプロライセンス、1人が13~15歳向けのジュニアライセンス、そして9つのeスポーツ団体がチームライセンスを所持している。

    このプロライセンスを巡っては、制度が設立されて以来、業界の内外で侃々諤々の議論が繰り広げられてきた。というのも、日本人の選手にとって、プロライセンスを所持していることが、公認大会で高額な賞金を受け取る条件となるケースがあるからだ。JeSUは、eスポーツを盛り上げる上でキーとなる高額賞金の獲得者をあえて制限する制度を、なぜ設ける必要があったのか。

    JeSUがプロライセンス制度を設立した背景にあるのが、「不当景品類及び不当表示防止法」(以下、景表法)の存在だ。

    eスポーツは、ゴルフやテニスなどのスポーツ競技と異なり、あくまでゲームメーカーが制作・販売(課金ゲームも含む)する商品をプレイすることで成り立つ。ゆえに景表法のもと、eスポーツ大会の賞金がゲームソフトの販売を促進するための「おまけ(景品)」と見なされる懸念がゲーム業界内にあり、そのリスクを回避するために、有料ソフトの金額の20倍、あるいは最大10万円までしか授与することができなかった。

    仮に、主催者が大会に参加する選手の宿泊費や交通費を補助したり、賞金のほかに賞品が授与されたりした場合は、その相当額が全体から引かれることになる。

    プロライセンス制度ができる以前は、景表法の存在によって、国内で高額賞金が出る大会が実施できない、日本の法律の管轄外であるはずの海外大会でも、「日本のチームが優勝した場合は賞金が受け取れない」という規約が設けられるケースが出るなど、日本人の選手が活躍するうえで大きなハードルになっていた。

    2年に1度、5000円の発行手数料を支払う
    こうした状況を打開するためにJeSUが考案したのが、このプロライセンス制度だ。ライセンス制度取得資格を満たした選手は、2年に1度、5000円の発行手数料を支払うことで「プロ」として区別され、仕事の対価として高額な賞金を受け取ることができるようになる。大会によっては、賞金がもらえる順位に入ることが確定した段階で、大会の主催者が選手へのプロライセンス授与を推薦する場合も多い。

    JeSUが同制度の必要性を主張するうえで「錦の御旗」として掲げてきたのが、景表法を管轄する消費者庁からの推奨だ。JeSU会長でセガホールディングス社長の岡村秀樹社長は、「安心安全、公明正大な賞金付き大会を開く仕組みはないものか、と消費者庁ときちんと会話をする中で、(JeSUのような)中立的な団体が(選手をプロとして)認める制度があれば安心でわかりやすいですね、という話があった」と語る。

    ここまでならば、JeSUは日本で合法的にeスポーツを普及させるうえで、画期的な制度を作り出したように見える。
    以下ソース
    https://toyokeizai.net/articles/-/325721


    【【悲報】日本の「eスポーツ」が世界に遅れる根本理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 athlete-information.com)



    1 風吹けば名無し

    40kg


    【ラグビー日本代表 稲垣啓太さんの6歳の時の体重】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.aomoriyamada-hs.jp)



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします

    はい、論破


    【スポーツ指導者は無駄。YouTubeで一流の知識や技術が手に入る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.atpress.ne.jp)



    1 愛子さま

    カレーの専門店よりも
    松屋のカレーのほうが美味いのと同じようなものか('A`)


    【体育大学って、いうほどスポーツ強くないよね・・・?普通の大学のほうが優勝するよね?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 baseballgate.jp)



    1 名無しさん@実況は実況板で

    第92回選抜高校野球大会の出場校

    (北海道地区)
    白樺学園(北海道)=初出場

    (東北地区)
    仙台育英(宮城)=3年ぶり13回目
    鶴岡東(山形)=41年ぶり2回目

    (東京.関東地区)
    桐生第一(群馬)=4年ぶり6回目
    健大高崎(群馬)=3年ぶり4回目
    花咲徳栄(埼玉)=4年ぶり5回目
    国士舘(東京)=2年連続10回目
    東海大相模(神奈川)=2年ぶり11回目
    山梨学院(山梨)=2年連続4回目

    (東海地区)
    加藤学園(静岡)=初出場
    中京大中京(愛知)=10年ぶり31回目
    県岐阜商(岐阜)=5年ぶり29回目

    (北信越地区)
    日本航空石川(石川)=2年ぶり2回目
    星稜(石川)=3年連続14回目

    (近畿地区)
    大阪桐蔭(大阪)=2年ぶり11回目
    履正社(大阪)=2年連続9回目
    明石商(兵庫)=2年連続3回目
    天理(奈良)=5年ぶり24回目
    智弁学園(奈良)=2年ぶり13回目
    智弁和歌山(和歌山)=3年連続14回目

    (中国.四国地区)
    鳥取城北(鳥取)=8年ぶり2回目
    倉敷商(岡山)=8年ぶり4回目
    広島新庄(広島)=6年ぶり2回目
    尽誠学園(香川)=18年ぶり7回目
    明徳義塾(高知)=2年ぶり19回目

    (九州.沖縄地区)
    創成館(長崎)=2年ぶり4回目
    大分商(大分)=23年ぶり6回目
    明豊(大分)=2年連続4回目
    鹿児島城西(鹿児島)=初出場

    21世紀枠
    帯広農(北海道)=初出場
    磐城(福島)=46年ぶり3回目
    平田(島根)=初出場


    【第92回 選抜高校野球出場校ランキング【優勝校はどこだ】】の続きを読む

    このページのトップヘ